検索

第4期オープンスクール①


こんにちは!事務局長オオトリです。 いよいよ10月より越知ぜよ!熱中塾第4期がスタートします。 入塾の準備は完了していますでしょうか。 今期の先生方も素晴らしい方々ばかりで事務局員も

みんなワクワクしています。

さて、今回は第1回目のオープンスクールのレポートをしたいと思います。

今回のオープンスクールは第3期生の通常授業でもありました。 先生は福田幸志郎先生です!

福田先生のプロフィールはこちら

今回の授業では、

「アフターコロナのコミュニケーション」という授業でした。

コロナ禍でオンラインコミュニケーションが増え、

人と人が直接会って話さない状況が続き、

コミュニケーションの時間も減りましたよね。

そんな私達に必要なコミュニケーションの本質とは・・・?

授業内では他己紹介にも挑戦しましたよね!

その時に私自身が感じたのは、 他己紹介として自分を紹介してもらった時にわかる 「自分の”売り”」でした。 他己紹介をした後に、福田先生が 「〇〇の人という印象ですね」と他己紹介をまとめる言葉で あ~この人名前わからんけど〇〇の人やな~って覚えるんですよね。 その人の「売り」ってその〇〇なんや。って気づかせてくれました。 自分が自分を紹介する時の覚えて欲しいポイントと 人が覚えやすく印象に残るポイントって違うのかも…と 考えさせられる授業でした。 私のことを他己紹介してくださる方募集したいですね笑 大原一郎先生の授業では、「目指せ!地域ブランド」の授業を行いました。 地域ブランドがどうやって出来るのか、 ヒット商品の作り方にはメソッドがあった!という気づきがあった授業でした! 大原先生のプロフィールはこちら






授業は漫談と思わせるほど、おもしろい授業でした~ 「尖らないと」「思いっきり」など背中を押されるような勢いがあって 私もヒット商品になるかわからんけど作ってみたいな。 考えてみたいな。と思わせてくれました。 ヒット商品を作る上で、地元の方とのコミュニケーションや クライアントとの温度など色々出てきますよね。 そんな人間関係も話してくださいました。 ただ作ればいいものではなくて、 『地元の方に愛されるヒット商品』はやはり、大原先生の愛情があってこそ作られていて、誰よりも町のことを考えて想像して期待して作る大原先生の仕事の姿勢や考え方は本当に勉強になりました。 私、思うんですよね。 熱中に来てくださる先生には共通のことがあって 「考えて」▶︎「行動」までがはやくって、 行動力のある方ばかりで、でもただ尖っているとか そんなことではなく、人の気持ちや物の本質に気づくのが本当に早くって 色んなことにアンテナをめちゃめちゃ張ってる! 他にも色々ありますが、 やっぱり決断力と行動力のレベルが高い! 今回も先生からたくさんエネルギーをいただいたので、 レベルアップしなければ〜!頑張ります! 次回の越知ぜよ!熱中塾は 10月10日(土)入塾式 先生は、 根岸 裕孝先生 坂田 千代子先生 です!