検索

第4期オープンスクール②試食の熱中

みなさん、食の熱中って知ってますか? 北海道更別熱中小学校から始まった「食の熱中」

様子はこちら


そして宮崎県こばやし熱中小学校でのオンライン「食の熱中」 様子はこちら 私たち消費者は「食材」をただの食べ物として認識しがちですよね。 食材には「地域」「生産者」そして「想い」が込められています。 そんな生産者さんの「想い」を聞くことで、 美味しい物が、もっと美味しくなる。そんな授業です。 今回、越知ぜよ!熱中塾はみんなに食べてもらいたい。 知ってもらいたい。という気持ちが強過ぎたため、 越知ぜよ!熱中塾がみんなにPRしたい 「仁淀川の特産物」を試食サービスしました! そして5人のゲストに出演していただきました! まずは、越知町のお隣佐川町で「山椒もち」を継承し作られている 東かおりさん!東さんは佐川町の地域おこし協力隊として活動され 佐川町で作られている「山椒もち」の伝統と継承した方です。


山椒もちってなに? 山椒と餅って合うの? 想像できへーん! そんな方はこちらの東さんの旦那様が運営されている こうち育ちのサイトへGO〜! 私は山椒もちは食べたことあったんですけど、どうやって作ってるんやろ〜?って謎だったんです。山椒もちがなぜ継承されず消えちゃうことになってしまったのか、 それはすご〜〜っく手間がかかるんです。 作り方やそんな裏話を聞くと、より噛みしめました。 噛めば噛むほど甘みが出て美味しかったです。 アイスクリームや和風クレープのトッピングにもいいな〜なんて想像しちゃいました。



左が山椒もち(1人3個あったよ!食べた後に撮影しました〜)

右が次の山椒ミートパン

そして2人目のゲストスピーカーは 我が町越知町の町のパン屋さん「メルヘン」の西森さん!





もう、私大好きなんです。メルヘンさんの西森ファミリーが。 写真から”いい人”が出てますよね。 西森さんは越知町の協力隊・原賀鮎子さんと一緒に 「山椒ミートパン」を商品開発された方です! 『山椒ミートパン』これ美味しいんですよ〜!! 【スノーピークかわの駅おち】でしか売ってないんですけど 甘めのミートソースに山椒のピリッと痺れる感じと香りが最高なんです。 パンもソフトフランスパンの記事で噛めば噛むほどなんとやらという生地なんです〜 試行錯誤の様子もお話くださいました! メルヘンさんの町おこしや地域おこし協力隊への気持ちもすごく温かくって こんな素敵な西森さんのパンは他にもあるんです。 それは「よコジローパン」


大鳥のお友達のミキちゃんからお借りした写真です。 可愛い〜!町のゆるキャラ「よコジロー」の中にはチョコクリームが! 1つ1つ気持ちを込めて作られている顔は選ぶのが楽しいです! そして最後は釣りバカ日誌の浜ちゃんのモデルとなった 越知ぜよ!熱中塾教頭・黒笹慈幾さんと西脇ご夫妻です〜




授業の前日に釣ってくださった鮎は最高でした〜!! 西脇ご夫妻の釣っている様子の動画や、黒ちゃんの鮎の味ミシュラン 鮎の習性のお話や仁淀川の鮎がなぜ美味しいのか。 そして黒笹さんが仁淀川と出会ったきっかけの「弥太郎」さんのお話 高知県に移住して毎年鮎はよく食べるけど、 釣るのはこんなに大変なのか… こんなに楽しいのか…!めっちゃ伝わってきました。 鮎は1限目の終わりから 大学生スタッフの仲田くんと西脇ご夫妻が丁寧に焼いてくださいました!!



しかも、1人1匹!!!こんな豪華な試食あるの? 西脇ご夫妻はご夫婦で釣り師(かっこいい)でなんと! 友釣り体験もされてます〜!! お話を聞くと素人でも結構釣ることができるみたいです! で、でも…私去年挑戦しましたが、0匹でした〜>< また挑戦したい!!! そんな美味しい”試食の”熱中でした〜! これからも続けていきたいです! 出演者募集!!